エフエム小竹ミニ放送局とは?


 当放送局は、福岡県のほぼ中央部に位置する筑豊の、さらに中央部に位置するところで運営しているミニFM局です。
当放送局の運営開始推定年は1989年で、本格的な放送は未だ行われたことがありません。送信周波数はFM88.4MHz、推定飛距離は約50m(未満)です。リスナー数は推定0人、局員は1名(局長)です。
系列局としては「FMあきばだい(神戸市)」があり、当放送局とFMあきばだいとで「JRN(Japan Refreshing Network)」を形成しています。
 また、当放送局では、近年、インターネット放送を開始しました。
この番組の内容はトークで、収録時間は約15分です。サーバスペースの関係で、次の番組が出来ると以前の番組は消えてしまいますのでお早めにチェックされることをおすすめします。
当放送局のシステム構成としては、MDレコーダが1台、CDプレーヤが2台、CTレコーダが3台、ミキサーはヤマハのMX12/5を使用し、接続ケーブルにはソニーのOFCケーブルを使用しています。送信機はワンダーキット製のGFM−L9(PLL発振方式)を使用。マイクはアイワの17,000Hzまで出るというカラオケ用のボーカルマイクを使用しています。加えて、通常1万円で売られているようなマイクが5千円で売られていたので早速購入して使用しています。このマイクはホットとコールド、シールドの3ライン方式のマイクなので音質はぐっと向上しました。(金欠のため安物を買ってコスト削減。。。)
 自動放送システムの導入を図っていますがうまく機器を制御することができないので当分できなさそうです。

  • KMBの活動現場

  • 概要
    局名エフエム小竹ミニ放送局
    局長(創立者)山本裕之
    開局年月日1989年10月(頃)
    局員1名
    現在地福岡県小竹町
    放送日未定

  • 理念

     弊局は、地域の方々に密着し、地域のさまざまな情報、および、地域の方々のご意見を発信していく、いわば地域密着型の放送局を目指しています。
    また、地域の方々のリクエストにお答えし、少しでも音楽でリラックスしていただければ、と考えております。
     インターネット放送局においては、さまざまな地域の方々に弊局の番組を楽しんでいただこうと考えております。
    こちらのほうでも、皆様のメールをご紹介する形のトーク番組にしていこうと思っていますので、ご支援のほど、よろしくお願い致します。


  • KMBホーム